「50代社員を組織で躍動させるマネジメント」コラム

定年 役職定年 キャリア支援 上司 研修
50代の働き方とマネジメント

連載を始めました

人生100年時代と言われたり、少子高齢化社会と言われたり、社会環境の変化に対して働き方も変化してきています。

今までの前提が変化して、とまどう姿も見られます。

 

60歳定年で年金をもらえてリタイアできると思っていた50代社員。

「60代も働くには、どうしたら良いのか?」

 

多様性や働き方改革改革の中で、マネジメントに求められることが従来と変化している管理職。

「若い社員の考え方は分からないし、年上の社員もいるし、どうしたら良いのか?」

 

などなど。

50代ともなると個々それぞれに事情も違い、とまどい方も様々です。

一律の回答や方法はありません。

 

環境の大きな変化にとまどいながらも、知識も経験も豊富な50代だからこそ、先を見据えて変化への対応と貢献を、自分に合ったことを自律的にできるのではないでしょうか。

社員の働き方と、マネジメントについて連載で考えていきたいと思います。

 

マネジメントはどうあったら良いかという視点ですが、自分自身がどうあったら良いかという視点でもお読み頂けるものと思います。

 

時に厳しい表現もあるかと思いますし、自分は違うと思われる部分もあると思います。

状況は様々ですので、ひとくくりにできるものではありません。

傾向として見られるものとして受け止めて頂ければと思います。

その中から、何かお役に立てるものが見つかるようにお届けします。

 

2019年5月20日(月)から、「マイベストプロ」のコラムに毎週月曜日の朝に投稿します。

 

感想、お問い合わせ歓迎です。